4月3日にドーナツ作りWS開催しました♪

講師の野村和美さんは、ご自分の娘さんが幼いころ、よく一緒にお菓子作りをされていたようです。
その楽しかった時間は忘れられない大切な思い出として今も心に残っていらっしゃるようで、
子どもと一緒におやつを作ること・子どもに手作りのおやつを作ることの楽しさを、
たくさんの人に伝えていきたい、という想いを持ってらっしゃいます。

今は市販のお菓子がどこでも簡単に手に入ります。
もちろん簡単に・手軽に、ということも大切かもしれないけど、
どんな材料で、だれが、どんな想いをこめて作っているのか、ということを
大切にすることって、とっても大切。
食事やおやつって毎日のことだから、簡単にしようと思えばどこまでも簡単にできてしまう。
でも、心を込めた食事って、本当においしいんですよね。
自分だけのために自分で料理したものより、やっぱり家族の喜ぶ顔や、家族の健康のために
今日は何にしようかな、って考えて作るのって楽しいし、美味しい。
そして、そんな風に作られたモノを食べている人たちはココロが強くなるんじゃないかな。
自己肯定感を育むにはもちろん周りの人の接し方や、言葉かけが大切。
それに加えて毎日のごはんやおやつをどう食べるか、どうココロとカラダに取り入れるか、ということも
とっても大切なんだろうな、と思います~。

ワークショップは、大人と子ども合わせて総勢46名参加!という、
Maholaはじまって以来の大人数!!
参加人数がはっきりした時「大丈夫か!!?」と思ったものの、
「まぁ、なんとかなる!!」と思い切って決行!!
わらわらと人が集まり始めて、あっという間に人の海に。
子どもの数はなんと30人!ということで、開始早々、すでに
誰がどの子!?どこのこ!?あれ?うちの子どこ行った???ってかんじ(笑)
こどもがたくさんいるって、本当にパワー半端ない。
室内温度がいつもの5度増しになってた気がします(^^)

この人数でこの机・・・この一般家庭のキッチンでドーナツ作れる!?こねれる!?と
思っていましたが、ジャガイモの皮をむいたり、ゆれたりつぶしたり、こねたり、型抜きしたり・・・と、
みなさん狭いながら、上手に交代交代で作業をしていただきました!!
もちろん子どもたちも大活躍!!
みんな本当に上手!!包丁使えるんだ!?とうちのこと同い年くらいの子たちが
元気よく作業していく光景を見ていて、驚いてました~。

お昼はCafe HIFUMIさんのお弁当!とってもおいしくて、たまらんかった~!!

狭い中、ワタワタとして、至らない点が多々あり、いろんなご迷惑をおかけしたと思いますが、
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!!

今回、紅茶をお出しするということになっていましたが、ごたごたの中お出しすることが
できなくなってしまいました。
ご参加いただいた皆様は、次回Maholaのセミナー・イベントに参加される際、「ドーナツWSに参加しました」と
一言いただければ、お土産をお付けしますので、よろしくお願いいたします。