レッスンで「ミルクティーレッスンやります~」というときは、
いわゆるロイヤルミルクティーをメインにやってますが、
ミルクティーといってもいろんな淹れ方があります。

よく淹れてる100%ミルクで淹れるミルクティーは、絶対的においしい。
ミルクを温めて、茶葉をいれて、適切な時間蒸して濾しだす。
きれいなクリームブラウン色は心も体も温めてくれます。

今日は・・・師匠の”ミルクティーを手軽に淹れてみよう実験”のブログを読んで、
自分が気になってること、やってみたいことをやってみよ~、と触発され、
ミルク100%ではなく、
よりあっさりと
より簡単に
なんとか美味しくてバランスの良いミルクティーを淹れられないかな~、といろいろ淹れてみました。

【1】
ミルク70%、水30%、茶葉6g
鍋にミルクと水を入れて温め、茶葉を直接鍋にいれて蒸らして濾しだす。
ミルク100%に比べるとあっさりさっぱり。
ちゃんとしっかり紅茶の味がして美味しい(^^)

【2】
ミルク70%、水30%、茶葉6g
鍋にミルクと水を入れて温め、温めたサーバーに茶葉をいれて、蒸らして濾しだす。
あっさりしてる。
材料は【1】と変わらないけど、ミルク臭い

【3】
ミルク50%、水50%、茶葉12g
やかんで湯を沸かし、茶葉12gで濃い目の紅茶を作る。
ミルクを鍋で60度まで温め、出来上がった紅茶をミルクの中に入れる。
あっさりしてる。
しっかり紅茶の味もする。
ミルク臭さはあまり感じない。

まだまだいろんな淹れ方、茶葉や水分バランスを試してみたい~。

と思って、いろんな案が浮かぶんだけど、
牛乳がなくなったので、また次回!!